女性泌尿器科

女性泌尿器科とは

女性の泌尿器疾患に対する診察を行います。頻尿や尿失禁、骨盤臓器脱など女性の生活に関わる治療を行います。

このような症状でお困りではないでしょうか?

  • 動いたり、咳をすると尿が漏れる
  • 尿が近い(頻尿)、こらえられない
  • 膣から丸いものが出てくる(骨盤臓器脱) など

【NEW】干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器“ペリネスタ Périnéesta”を導入しました。

*お電話にて予約を受け付けております。

詳しくは「干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器“ペリネスタ Périnéesta」のページでご確認ください。

診療する主な疾患

過活動膀胱(OAB)/切迫性尿失禁(UUI: Urgency Urinary Incontinence)

過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い(頻尿)」「急にトイレに行きたくなり(尿意切迫)、我慢できずに尿が漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁)」などの症状を呈する疾患です。初診では問診以外に、腹部超音波検査、残尿量の測定、血液検査、尿検査などを行います。これらは比較的簡単な検査です。その他には、尿流測定、パッドテスト、ストレステストなどがあります。治療には、薬物療法、行動療法(生活指導、膀胱訓練、骨盤底筋体操等)などが中心ですが、難治性の過活動膀胱に対しては、ボツリヌス療法、神経変調療法、膀胱容量の増大を目的とした膀胱拡大術などの外科的治療があります。

診療する主な疾患へ戻る

膀胱炎

一般的には若い女性に多く見られます。女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。通常は菌が入っても、膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次のような要因が重なると膀胱炎になりやすくなります。

診療する主な疾患へ戻る

腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、お腹に強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉が、膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでいます。腹圧性尿失禁は、この骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こす疾患です(そもそも女性の尿道が3~4cmと短いうえに、真っすぐな形状であることも影響しています)。40歳以上の女性の4割以上が経験していると言われます。

診療する主な疾患へ戻る

骨盤臓器脱(POP:pelvic organ prolapse)

女性の骨盤内臓器(膀胱、子宮など)は、多くの筋肉・靭帯・膜で支えられています。 これらが出産で傷ついたり、女性ホルモンの減少につれて弱くなったりしてくると、臓器脱が起こってきます。 骨盤臓器脱は、過去に多産・難産だった経験のある中高年の女性によく見られます。

診療する主な疾患へ戻る